適切なアドバイスを受けられる

    昔は、家にマントルピースと暖炉があるお金持ちの男性が、一人で書斎にこもって紙に万年筆で遺産の分け方を書くのが遺...

    Readmore

    生前相談もできる

    専門家に相続相談をするシーンというと、相続人同士が遺産の取り分をめぐって争い合い、にっちもさっちもいかないよう...

    Readmore

    作成サポートはいくらか

    自分一人で頑張って遺言書を作成しても、万が一法的要件を備えていない遺言書を作成してしまっては、頑張った意味がな...

    Readmore

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

専門家に聞こう

机といす

「相続」が「争族」とならないように、生前からの相続対策が重要です。
遺産分割がうまく調整できず、残された遺族の間でしこりとなり、以後の親戚付き合いがうまくできなくなる場合があります。
そのため、生前から遺言書を作成しておく必要があります。

遺言書の作成については、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することが最適です。
遺言書には、自分で記載する自筆証書遺言がありますが、最低限の法律的要件が必要です。
そのほか、遺言書には公証人役場や立会人を使用する公正証書遺言や秘密証書遺言などがあります。
遺言書に、どの遺産を誰に相続させるかなどを明確に記載しておくことで、遺族間の争いごとはなくなります。
また、遺言作成をして執行をする時においても、弁護士や司法書士に依頼することもできます。

事前の相続税対策も必要です。


遺産分割後、相続税の申告が必要になる場合があります。
死亡後10か月以内に、亡くなった方の住所地の税務署に相続税の申告書を提出して、相続税額を納付する必要があります。
生前からの相続税対策を行っていなかった場合には、多額の相続税額を納付することになります。
また、相続した財産が土地や建物などの不動産や事業用資産である場合には、申告後の相続税額を直ぐに納付することが困難となる場合があります。
そのため、生前から相続税額を減額する対策や相続税の納付資金を準備しておくことも必要です。
生前からの相続税対策については、税金の専門家である税理士へ相談することが効果的です。
相続税の生前からの対策として、贈与税の基礎控除などを利用することが最適です。

相続税法の改正


平成27年1月以降の相続については、改正された相続税法が適用されます。
改正前の相続税法では、基礎控除は5000万円、相続人一人当たり1000万円の控除でした。
相続人が3人の場合には、相続財産が8000万円までは相続税は課税されませんでした。
これが平成27年1月以降の相続については、基礎控除は3000万円に、相続人一人当たりの控除額は600万円に引き下げられました。
相続人3人では、これまでの8000万円の控除額が4800万円に変更されています。
この控除額の引き下げにより、これまで相続税が課税されていなかった普通のサラリーマンでも、東京23区内などの都市圏に戸建住宅を所有していたり、多額の退職金を残した場合などには、相続税の申告が必要となる場合があります。

オススメリンク

福岡で過払い金にお困りでしたらここをチェックしてみてください!|福岡中央司法書士事務所

生前相談もできる

専門家に相続相談をするシーンというと、相続人同士が遺産の取り…Read more

作成サポートはいくらか

自分一人で頑張って遺言書を作成しても、万が一法的要件を備えて…Read more

適切なアドバイスを受けられる

昔は、家にマントルピースと暖炉があるお金持ちの男性が、一人で…Read more

関連リンク